大津山

高角砲台(防空砲台)
要塞マップに戻る

横須賀海軍警備隊 第五高角砲大隊所属 大津山高角砲台という。
装備は、昭和20年7月の段階で、12センチ単装高角砲4門、25ミリ連装機銃1基、13ミリ単装機銃2基、13ミリ連装機銃1基、 測距儀、高射器、110センチ探照灯2基を装備していた。人員111名。 (横須賀海軍警備隊昭和20年7月31日戦闘詳報による)
本砲台跡は、三浦半島でも大規模な前方後円墳である大塚古墳にまたがって構築されている。土地の造成工事にあたり、古墳ともども学術調査が行われたが、近代の戦争遺跡で本格的な調査が行われた数少ない例である。調査では4基の高角砲座や探照灯座、通路等が検出され詳細に報告されている。 現在は大塚台小学校、住宅地にと大きく変貌し、遺構は全く残っていない。

下記、発掘調査の写真は、現地の大塚古墳発掘紹介コーナーから転用。

造成地区全景 砲台部分。探照灯座を中心にして半円形に砲座
が4基配置され、それぞれ通路(塹壕)で結ばれ
ている。二子山と同形状。
 
探照灯座を俯瞰する。 現在の状況。左手が大塚台小学校。
中央の東屋で、大塚古墳の発掘調査
が紹介されている。
高角砲座。地山に直接設置されていた。
模擬砲弾などが出土した。