新宿砲台

要塞マップに戻る
<概要>横須賀市長井小字新宿
新宿の台地上に構築された地上砲台。15cm加農砲4門の海軍砲台である(12センチ説あり)。 佐島砲台、長者が崎砲台と十字砲火を形成できる。

<構造・現状>
畑となり全く何も残っていない。地元の方によると写真のあたりにすり鉢状に穴が掘られその中に 砲が据えられていたそうである。砲座がコンクリートがどうかは不明。横須賀海軍砲術学校の長井分校の関係で設置されたのではないかと思われる。なお、台地の下にお宅があり、B29の襲来の際だったか1、2回発射したことがあったそうで、発射の衝撃で瓦屋根の漆喰が落ち雨が漏って困ったと話されていた。

現況畑である 相模湾を見渡せる台地上にある

台地の西南には、横須賀海軍航空隊の本土防衛用の飛行場が建設され、滑走路が最近まで残っていた。 戦後は米軍に接収され長井ハイツという居住地区となっていた。現在、ソレイユの丘という農業体験 観光施設となり遺構は残っていないが、米軍の通信施設をはじめ、インターポールの通信施設や航空自衛隊の駐屯地が敷地にあり、現在も軍事基地として使われている。

滑走路は道路と駐車場になっているが、一直線の形状が滑走路を髣髴とさせる 長井地区軍事施設配置