高抜

狙撃用洞窟陣地
要塞マップに戻る
三浦海岸から南に続く砂浜の端が高抜である。写真中央部の岩崖の黒い四角の部分が狙撃開口部である。 左手さらに南の岬(ホテルが建っている)は、蛭田の鼻と呼ばれここにも狙撃用陣地がある。
狙撃口の裏手に出入口があると思われるが、民家のため調査不能。狙撃口から内部を見ると通路が奥に続いていると思われるが、 その通路は土で塞がっている。

狙撃口の周辺。砂浜から高さ1.5m位の位置に設けられている。 砂浜に上陸した敵を狙撃するため砂浜を向いて開口している。 アップ写真。岩穴をコンクリートで塞いで改めて狙撃口を設けている。


蛭田の鼻の狙撃陣地。自動車道路沿いにあり、高抜と同様北を向いている。 写真中央部のガードレールの上の黒い部分。崖全体に崩落防止用コンクリートが吹き付けてある。右手の道路沿いの岩崖にも掘り始めたばかりと思われる穴がある。

洞窟陣地詳細については

真中の四角い部分が
狙撃用開口部。
狙撃口。いわゆる銃眼

洞窟砲台

三浦半島城郭史によると背後の谷に15cmカノン砲1門の洞窟砲台があったようだが、場所は不明である。 また、実際には砲は据付られなかったらしい。