田浦山

高角砲台(防空砲台)
要塞マップに戻る

横須賀海軍警備隊 横須賀地区高射隊 第一高角砲大隊 田浦高角砲台という。 JR横須賀線の田浦変電所の南山頂、通称砲台山、狐塚に設置されていた。 昭和20年7月の段階で、10センチ連装高角砲2基、13ミリ単装機銃3基、25ミリ連装機銃1基、25ミリ単装機銃2基を装備。人員91名。 (横須賀海軍警備隊昭和20年7月31日戦闘詳報による)
現在、砲台のあった場所は畑になっており、畑のなかに砲座跡がなんとか凹部になってわかる程度である。 軍道は、他の高角砲台同様、山頂の平場の横を巻いて登って来ている。周囲には、畠山にもあったのと同様の方形の大きな掘りこみ (地元の方は補給所と言っていたが・・・)と電纜を埋めたとおぼしき溝が、また、コンクリート製の防空壕も2基残っている。 地元の人によると、もと枇杷畑で、戦後米軍により爆破され、朝鮮動乱で鉄製品は全部持っていかれたとのことである。 また、土中から砲座部分の鉄製品が出たということで現場で保存されていた。 発電装置は砲台から離れた田浦小学校側の壕内に設置されたらしい。

昭和22年の航空写真には、2基の砲座がはっきり写っている。また、機銃掩体らしき穴も見える。 砲台跡。畑になっており、遺構はほとんど残っていない。

コンクリート防空壕。藪と土でほとんど埋まっている。 左の壕の下部にあるもう1基の壕。こちらはまだ外観がわかる。 砲座から少し離れた場所にある方形掘り込み。かなり崩れているが畠山同様相当大きい。