長者ケ崎(葉山)

洞窟砲台
要塞マップに戻る
大勢の観光客が訪れる景勝の地「長者ケ崎」にも砲台陣地が構築されている。見た目にはどこにあるか分らないが40口径41式15糎砲2門の砲台であり、砲口は今も残っている。 1門は首線が南で佐島砲台と十字砲火を形成する。これはホテル音羽の森の敷地内にあり、見たところ教会に使われているようで、 聞くところではワインセラーとして使われているとのこと。 教会の奥がワインセラーなのであろう。もう1門は、西向きで、江ノ島砲台と十字砲火を形成する。 この2門の砲台は、内部で接続しているが、現在は崩落しており進入できない。
なお、砲台の周囲にはトーチカや洞窟式の狙撃陣地が築かれており、その遺構も残っている。

正面から見る。他の砲台のような円形トンネルではなく、方形で更に奥が広くなっている。 まるで砲塔である。 左側面。側室の入口がある。天井には金輪が残っている。 右側面に設けられている通路。崩壊しているが南の砲台に続いている。

@山上に築かれているトーチカ。監視壕であろう。コンクリート製の直径2m程の円形構造物である。 @土砂が内部に入り込んでいる。右手に鉄ばしごが設けられており、部屋の高さはかなりある。 @トーチカへの出入口。ほとんど埋まっている。
@通路内部の壁は珍しい大谷石の石積みである。 A壕入口。手前には防御用半円の石積み構造物がある。 A壕内部。突当り左手に通路が続くが崩落しており不明。

中腹に築かれているトーチカ。こちらは幅2.6m、奥行3mの方形である。開口部は幅1.2m、高さ0.4mの小さいもので 地上すれすれに開口している。やはり、出入口部分から崩落しており、進入できない。

駐車場下の海岸に転落している狙撃口。コンクリート構造が分る貴重な遺構であるが、波に侵食されてきており、 なんとかならないものか。中腹に洞窟狙撃陣地が築かれていた証拠であるが、 洞窟の方はどこにあるか不明である。