浦 賀

狙撃用洞窟陣地
要塞マップに戻る

概要:狙撃口を3箇所有する、過去調査した中では最大規模の洞窟陣地。 奥深くに幅4m、長さ100m以上ある1直線の大トンネルが掘り抜かれておりその手前に幅3mのトンネルが巡らされている。これらを守るように3箇所の狙撃陣地が配置されている。 単なる狙撃陣地ではなく、浦賀船渠の地下工場に併設されていた陣地であろう。
調査中、部屋の床が崩れて下部の通路に穴があいている個所Iを発見した。設計ミスなのか、 ちょうど通路の上に部屋を掘り込んでいるのだが、床が予定より薄くなってしまったのだろう。工事中に崩れたのか、戦後しばらくしてから崩れたのか不明であるが・・・ また、岩壁に石灰岩が含まれている部分(22の辺り)があり、戦後60年を経て、鍾乳石化していた。 これは貝山地下壕などでも目撃したが、年月を実感する。
なお、この陣地は、脆い地質であるため、あちこち崩落しており、進入は大変危険である。

@狙撃口外観
開口部は50cm四方
A抜穴と思われるが、崩落
により行止り。
B狙撃口付近に設けられて
いる部屋。他陣地でも同様の
構造が多く、弾薬庫か?
C崩落しているが、位置関係
からD通路に接続している
と推測される。
D岩塊により半分以上埋
まっている。崩落が激しく
大変危険である。
E F通路からD通路への
接続壕。ここも崩落している
F幅3mの通路が奥へ続く。
ここもかなり崩落している
G狙撃陣地の通路。排水用
の溝が掘られている
H狙撃室内部。右手が
狙撃口のコンクリート壁
I弾薬庫
I弾薬庫。床が崩れ
下の通路が確認できる。
J狙撃口外観 K3m通路。土砂で埋ま
り、半分程の高さである
Lこの辺りは天井近くまで
埋まっている
M連絡通路。埋まっており
高さ50cm程である。
N3m通路の端。崩落してお
りどこに抜けてるのか不明
O狙撃室内部 P幅4mの大規模壕。開口部
は崩落により塞がっている
Q連絡通路。 R4m壕の端。水が溜まり
これ以上進めないが23と
同様の形状か?
20 壁には所々当時の木材
が残っていた
21 幅、高さ4mの大きなトンネル
が漆黒の闇に真直ぐに伸びている
22 通路の両端には側溝が
掘られている
23 正面の小さな壕は5m程
で行止り。左手が開口部