逗 子

狙撃用洞窟陣地
要塞マップに戻る

逗子海岸に来襲する敵に対して北と南で挟撃するための陣地。現状狙撃口は1箇所だが、見たところもう1箇所構築途中であったと考えられる(Gの場所)。
(構造)
丘陵の形状にあわせ南北に細長い陣地である(平面図は南北が逆になっています。)。南が出入口部分で、入ってすぐ兵員生息部になっているが、三戸南陣地と同様ラダー状になっている。 最奥の壁面には神棚と思われる窪みが設けられている。また、湿気で固まってしまったセメント袋が放置されている。
その先、高所にある狙撃口へ通路が延びているが、途中1箇所階段が設けられている。其の先は、北側の斜面中腹の抜穴に通じている。
@抜け穴外観 @同左、内部から見る Aこのあたりは幅1.5m通路。

B砲廊。半分くらい水没している。
外側は崩落により位置不明。
C階段部。下から上部を写す Dここにも鍾乳石ができている。 E先が二股になっている。掘削途中か。
F配線用の碍子。 G掘削途中であるが、形状から見て
狙撃口となるようだ。
H入口から内部。大きさは3m×4m I兵員生息部。幅2.2mある。
J神棚と思われる。置かれている磁器
はいつのものか不明
J放置され固まったセメント K向かって左の入口 K向かって右の入口