千代ケ崎砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市川間
明治25年起工、明治28年竣工。明治27年二十八榴弾砲4門、同30年2門据付、昭和19年撤去。
明治28年十五センチ臼砲4門据付、昭和元年撤去。 明治33年一二センチ加農砲4門据付、昭和10年撤去。この他七センチ野砲設置。
要塞整理事業として本砲台の東低地に大正13年(昭和3年説あり)三十センチ加農砲塔砲台起工、翌年竣工、終戦時残存。

<構造・現状>
平根山の山頂に構築された保塁砲台。中央部に丘状に保塁が築かれ、二十八センチ榴弾砲を2門設置する楕円形の砲座が南北に 3基並びその西側に平行して一直線に空堀状の掩蔽壕があった。
南側にも独立した丘があり、その上に右翼観測所があった。周囲には空堀が巡り、西側には2基一組の砲座が3個所構築されていた。 この砲座には加農砲や野砲が設置され、久里浜方面からの敵に対する陸正面防御を担当した。東側空堀の外側には歩兵用胸墻があった。
現在、レンガ造りの掩蔽壕や空堀が残り旧状を良く留めているが、 海上自衛隊横須賀通信隊千代ケ崎通信所が使用しており立入り禁止である。
2004年冬開発により破壊が始まっています。その様子を見る。
なお、平成20年8月の報道で、千代ケ崎送信所が廃止になり、横須賀市が国の指定を受け史跡として保存していくことが発表された。
昭和29年撮影航空写真 明治41年版地図

榴弾砲台
榴弾砲台全景。楕円円筒状の砲座が3基築かれていたが、現在は一基を残して埋められてしまった 砲台入口。現、通信所入口であり厳重に警備されている。 榴弾砲台の周囲の様子。 掩蔽壕。砲座に平行して直線状に構築され、両側に弾薬庫などが配されている。

南側砲台
西側の空堀。直線の歩兵用胸墻が残っている 胸墻上に上がる階段。3箇所ある 中央の丘陵。上部に観測所が残る レンガ積みの井戸。要塞には必須
右翼観測所詳細については

掩蔽壕@上の横墻 掩蔽壕@入口。地下構造 通路。レンガ造りで、
漆喰が塗られている
最奥の部屋
漆喰がきれいに残っている
同左。入口部分

東側空堀。林になっている 掩蔽壕A入口 通路突当り。
天井のアーチが美しい
部屋部分。壁が4箇所
大きくひび割れている
ひび部分
震災による断層ではないか?

掩蔽壕B東側入口 内部は西側まで通じており、
中央部に部屋が設けられている
東側入口 西側入口は土砂で埋まっている 同左外側。わずかに
上部のレンガが見える。

掩蔽壕B中央部部屋
正面壁の黒ずみは通気口からの汚れ
同左。部屋の入口部分 部屋の上部にある通気口
当時は屋根がついていた