夏島砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市夏島町
明治21年起工
明治22年竣工
明治25年二十四糎臼砲6門竣工
明治34年4門竣工
大正2年廃止通達、大正4年除籍
二十四糎臼砲10門砲台

<構造・現状>
横須賀軍港防御のため、軍港最北部の夏島に築かれた。詳細は不明であるが、地図及び現地調査で判明したところでは、ほぼ南北に砲座が5基並び、砲座間に横墻が築かれ、その地下に煉瓦造の弾薬庫が設けられている。1砲座に2門、計10門の二十四糎臼砲が設置された。砲座右前面には、観測所が設けられていたと思われる。
日清戦争開始の明治27年には砲6門で戦備配備についた。明治34年の残りの4門が竣工したが、日露戦争時には、配備につかず、砲は、明治38年に戦時追送兵器として返納された。 大正4年除籍され、同7年に砲台敷地は、海軍省に管理替された。
海軍横須賀航空隊の開設のために、島の周囲は埋立てられ陸続きとなり、大きく切り崩され、旧状は失われているが、電灯所や観測所と付属室、第1砲座、第4砲座と砲側弾薬庫などが残っている。
第2、3砲座は切り取られ、第5砲座は埋められ、建物が建てられていたようである。 太平洋戦争期には、航空隊基地として、関係施設が数多く造られ、夏島機銃砲台(第二高射機銃中隊所属)の高射機銃の掩体や監視鉄塔などが残っている。また、内部には3層にわたる大規模な地下壕が構築され、戦闘機の格納壕も2本庫存在した。
明治41年版地図

島の周囲が埋立てられ、削られた結果の図。緑のエリアが現在の夏島。 現在の夏島砲台遺構
@電灯所と交通路が残るA第1砲座と右翼観測所・付属室が半分崩れて残るB第4砲座と左右の弾薬庫が残る。C左翼観測所及び太平洋戦争期の遺構が残る。

@電灯所への交通路。両側レンガ
壁が残る。
@交通路の先端は切り立った崖になる @山頂部。塹壕が十字路となっている。
電纜を掘り起こした跡のようでもある。

A第1砲座。座面はコンクリート製。
切断面に排水用土管が残る。
A砲座に残る砲固定用アンカーボルト A右翼観測所と付属室。階段上は観測所
A付属室。半分が崩落している。

B第4砲座。砲固定用ボルトが2箇所残る。 B砲座左手の砲側弾薬庫 B砲座右手の砲側弾薬庫 B左記弾薬庫内部。6m×5m高さ約3m

B第5砲座部分は埋められ、建物の基礎が残る。 Cエリアには太平洋戦争時の遺構が残る。夏島砲台の掩蔽壕もわずかに残る C航空隊監視鉄塔。往時の黒黄ペイントが残る C最高部の機銃掩体。

C海軍測点石柱 3層目の地下壕。壕口は3箇所確認できた。機銃砲台の退避壕であろう。 2層目の地下壕内部。病院として使われたという。 1層目の壕。開口部はコンクリートで塞がれているが、ここだけ特殊な構造であり、航空燃料の貯蔵壕のようである。

夏島には太平洋戦争期、3層の地下壕が構築された。最上部の3層目は監視鉄塔の下部に構築され、 壕口は3箇所確認できた。2層目は島の中腹に8本の壕が南北に貫き、これに5本の壕が碁盤状に交わる。 1層目は、島の周囲全体にあちこち大小の開口部が開いているがほとんど塞がれている。内部構造は他のページでも紹介されているので省略するが、地元では 戦争遺跡として保存活用しようという動きがある。