大津観音崎間軍道標石

軍事遺物
戻る

大津観音崎間軍道の具体の起終点は不明だが、標石と思われるものが、国道16号線沿いに残っている。また、同様のものが観音崎公園内の一部園路に残っている。いずれも安山岩(推測している)の四角柱で、頂部平面に陸軍マークと通し番号が刻まれている。なお、この標石の他に陸軍の「防」の標石もあちこちに残っており、こちらは、花崗岩製が多いがコンクリート製のものもあり、また大きさも様々で、設置年代が異なるものと思われる。


国道16号沿いは、馬堀海岸駅前と走水神社周辺とかなり偏在している。数字がつながらないことから位置が変えられたりしている思われるが、もともとはどうなっていたのか。標石はかなり傷んでおり番号等確認できないものがある。
頂面が確認できないが軍道標石と推測 7番標石。現在も境界に当たっている 1?番標石。道路のアスファルト上に突き出ていてる。表面は傷んでいるがなんとか陸軍マークと番号が確認できる 41番標石。玉姫稲荷社の下に残る 64番標石。海側東京湾の駐車場脇に残る 112番標石。111番と隣接している
111番標石。走水小入口の向かい側に残る 127番標石。旧道沿いに残る 1番標石。駐車場の隅にあえて残しているようである 標石番号は判読できない 5番標石。これも駐車場脇に残っている 11番標石。隣接して陸軍防御営造物標柱がある

 *調査継続中
公園内園路沿いにかなりの数が残っているが、起終点が不明である。番号から判断すると南門砲台方面から腰越堡塁を経由し、北門方面、また走水方面からのルートもありそうである。
標石自体は公園内で人手が余り入っていないせいか、保存状態は大変良い。しかし、道際に設置されているため、崖際では下に転落したものも相当数あると思われる。
標石の大きさは、抜け落ちているものから判断して、断面が23cm〜26cm角のほぼ正方形で、長さが75cm〜85cmの四角柱である。赤みがかった安山岩ではないかと思う。切通しを抜けるルートなのか堀田口にも1基残っている。
   
135番標石。道路境界
標石として移設された。
138番標石139番標石 141番標石143番標石 144番標石
     
145番標石 146番標石147番標石 148番標石。上の道から
転落したもの
150番標石 151番標石
     
152番標石 153番標石154番標石 155番標石157番標石 159番標石
     
161番標石 162番標石163番標石 164番標石165番標石 166番標石
   
169番標石 170番標石 172番標石174番標石 176番標石178番標石
       
180番標石 182番標石 39番標石40番標石 60番標石61番標石
   
78番標石 79番標石 89番標石 91番標石99番標石 100番標石
 
106番標石 121番標石 頂面に陸の文字と矢印らしき記号が刻んであるが、何の標石か。 標石が残っている園路。かっての軍道であり、所々切通しになっている。 堀田口の1基。32番標石。