防御営造物標石(衣笠弾薬庫)

軍事遺物
戻る

衣笠弾薬庫の敷地の境界標石である。本弾薬庫は、東京湾要塞の弾薬本庫として昭和9年に建設された。洞窟式で2本一組の弾薬庫が12本造られていた。戦後米軍に接収されて弾薬庫として使用された後、日本に返還され、現在は横須賀市の市営公園墓地に転換されている。洞窟式弾薬庫は2組4本のみが現存している。
標石は、敷地周りの丘陵の稜線上に設置されている。1辺18p幅のコンクリート製角柱で、表面に「陸」、裏面に「防」及び「通し番号」が刻まれている。本体には砂利が多く含まれているため、表裏の刻字面にはモルタルが塗られている。文字は型押しで付けられているようで、所々型押しの矩形の跡が残っている。また、防64、72、83の刻字には朱が入っており、もともとは赤字であった可能性が高い。 標石は、防五三から八三まで連番で残っているが、前後が何故か見当たらない。 警戒柵のコンクリート柱もかなり残っている。

標石正面

標石裏面

警戒柵柱

@防五三

A防五四

B防五五

C防五六

D防五七

E防五八

F防五九

G防六〇

H防六一

I防六二

J防六三

K防六四

L防六五

M防六六

N防六七

O防六八

P防六九

Q防七〇

R防七一

S防七二

(21)防七三

(22)防七四

(23)防七五

(24)防七六

(25)防七七

(26)防七八

(27)防七九

(28)防八〇

(29)防八一

(30)防八二

(31)防八三