海軍用地標石(海軍水道用地:馬渡橋〜半原取水口)

軍事遺物
戻る

馬渡橋から終点(始まり)の半原取水口を紹介します。
馬渡橋で中津川を渡ったあとは、中津川を右手に見ながら進みます。中津川の清流を眺めながらの風光明媚なルートです。愛川トンネルを抜けると、県道左手には横須賀市水道局の敷地立入禁止の表示やマンホール蓋があり、横須賀水道みちであることを確認させてくれます。
水道みちは、愛川橋の手前から県道を離れ斜面の中腹から隧道に入ります。手前の隧道@は通行できませんが、先の隧道Aは照明も整備され通行できます。昔のままの管路隧道で通行可能なのはここだけです。愛川トンネルもかってはこの形式の管路隧道であったのを、車が通れるように拡幅したものと推測されます。
隧道を抜けると、また県道に合流して半原の町を進み、顕妙寺の先を左折すると半原水源地の正面玄関に到着です。 実際の取水口は、水源地からさらに600mほど遡った中津川の右岸にありますが、立入禁止で近づくことはできません。
@半原向。愛川トンネル。おそらく右手が旧道。 @逸見向 A半原向。右手の流れが中津川。その先の橋は愛川橋 B半原向。この先隧道@ですが通行できません。
C半原向。B隧道です。唯一通行可能です。 B逸見向 C半原向。県道に合流 C逸見向。右手直線路が水道みち
D半原向。左折すると水源地 E逸見向。右手石垣の先が顕妙寺 F半原向。水源地正門 F逸見向
@隧道逸見側 A橋梁の下部に送水管が覗く B隧道逸見側 B同左内部
半原沈殿池 C導水井。この先、取水口まで立入禁止 D取水口。Cまでは導水隧道で導く。